2007年11月11日

ホルヘ・ロレンソの活躍はいかに・・・


IMGP0190-xga.jpg

2007年MotoGP250cc Classシーズンチャンピオンにとって、最終戦バレンシアGPは、ぱっとしないリザルトでした。でもシーズンチャンプのほかに、最後にはロッシのチームメイトの座を獲得するというビッグな一年になりました。わたしは、ホルヘ・ロレンソ選手を125cc Class参戦中から注目していたんですが、ここまで短期間に成長するとは。ダニもすごかったけど、ロレンソもこれから頼もしい存在です。ということで、今日の一枚目は、2004年モテギ予選1日目、ヘアピンを旋回中のロレンソ選手。このとき、まだ17歳だったんですよね。
125ccとはいえ、爆音と俊敏さはさすがにGPマシンです。ガソリンとオイルの焦げるにおいも半端じゃない。パワーに頼れないので、スリップストリームを効かすテクニックが目を引くのも125ccならでは。レース展開に関しては、3カテゴリのなかで125ccが一番面白いです。地上波TVでは、MotoGPクラス以外ハイライトしか放送しないなんて、アホなことです。

IMGP0407-xga.jpg

最後の一枚は、2004年日本GP予選2日目、調整が終了して出走待ちのDerbi #48 ロレンソ車。よく見ると、フロントカウルに加藤選手のゼッケン#74が。彼らにとって、加藤選手は雲の上の存在だったんだろうな。来シーズンMotoGPモンスターを操るロレンソに期待です。


posted by George at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6663262
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック